Rifare Shoe Repair Blog

記事一覧(43)

Rifare 仙台一番町 【万双】 販売会のお知らせ

前回、10月に開催させて頂きました「Rifare 名古屋栄」での【万双】販売会がオープン間もない、「Rifare 仙台一番町」で開催が決定しました。 靴・革製品の販売とリペアを主とする当店と「万双」との初の取り組みは、1年以上前に当店からの熱烈なオファーによってスタートしたものになります。素晴らしい靴を一人でも多くの方に届けたい、ご愛用されている靴を一日でも永く愛用して頂きたい、そんな想いで営んでいる当店にとって、「万双」というブランドはまさしく、そのイメージと合致するブランドでした。素晴らしい素材はもちろんですが、日本の職人を大切に想い、その伝統と精神、技術を伝承していくことを目指しているブランドの姿勢は、素晴らしく、尊敬の念すら感じざるを得ませんでした。そんな想いを少しでも多くの方に届けたい。そして、2社が協業することで新たな出会いや発見があるのではないかと考え、今回このようなイベントを開催させていただくことになりました。「万双」と言えば、人気があり過ぎて、売り切れ・完売が続出するブランドです。今回は、無理を承知で多くの鞄・革小物をサンプル展示期間中よりお借りすることができるようです。ぜひ、一堂に会することがないであろうブランドの世界観を堪能できる場所になると思いますので、足をお運びいただければと思います。【場所】 Rifare 仙台一番町               〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-10-28               Tel 022-796-8084               open 11:00 ~ close 20:00               定休日 水曜日【日時】 2月10日(土)11日(日)12日(月・祝) 

Rifare 名古屋栄 【万双】 販売イベント開催のお知らせ

日本を代表する鞄・革小物 「万双」の販売イベントを初めてRifare/リファーレ名古屋栄で開催することとなりました。 靴・革製品の販売とリペアを主とする当店と「万双」との初の取り組みは、1年以上前に当店からの熱烈なオファーによってスタートしたものになります。素晴らしい靴を一人でも多くの方に届けたい、ご愛用されている靴を一日でも永く愛用して頂きたい、そんな想いで営んでいる当店にとって、「万双」というブランドはまさしく、そのイメージと合致するブランドでした。素晴らしい素材はもちろんですが、日本の職人を大切に想い、その伝統と精神、技術を伝承していくことを目指しているブランドの姿勢は、素晴らしく、尊敬の念すら感じざるを得ませんでした。そんな想いを少しでも多くの方に届けたい。そして、2社が協業することで新たな出会いや発見があるのではないかと考え、今回このようなイベントを開催させていただくことになりました。「万双」と言えば、人気があり過ぎて、売り切れ・完売が続出するブランドです。今回は、無理を承知で多くの鞄・革小物をサンプル展示期間中よりお借りすることができるようです。ぜひ、一堂に会することがないであろうブランドの世界観を堪能できる場所になると思いますので、足をお運びいただければと思います。場所:Rifare 名古屋栄           〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-35-22           Tel 052-746-9260日時:10月7日(土)、8日(日)、9日(月・祝)            AM11:00~PM20:00            当日は、万双のデザイナー 田中氏もご来店いただくことが決定いたしました。販売方法について             サンプル展示を9月9日(土)頃より順次スタートいたします。           但し、イベント期間の3日間以外のご購入は承っておりません。ご了承ください。           サンプル展示期間中にご予約(未決済)を承ることは可能です。           イベント期間中にご用意ができるものに限り当日でのご購入も可能となっております。           また、サンプル展示期間中並びにイベント期間中にご用意が出来ないものに関しては、           ご予約とさせて頂き、イベント期間中にご入金ののち、           商品が入荷次第、ご配送(有料)もしくは、           リファーレ名古屋栄にてお渡しとさせて頂きます。           詳しくは、リファーレ名古屋栄店もしくは、万双へお問い合わせください。「万双」とは、「世界最高峰の品質」と「常識的な価格」で革製品を提供することを目指し、日本の職人精神と技術を結集したブランドです。詳しくは⇓のリンクからご覧ください。(おそらく、作り手の想いをご理解いただけることと思います。)