Ludwig Reiter 130th anniversary Boots 

オーストリア・ウィーンを代表するシューメーカー「Ludwig Reiter/ルーディック・ライター」は2015年で創業130周年を迎えました。創業者Ludwig Reiter/ルーディック・ライターはイタリアの靴職人の下で修業を積み、オーストリア・ハンガリー二重帝国の都ウィーンに小さな靴店を1885年に構えます。当時、ヨーロッパで絶対的な権力を手にしていた帝国の都は栄華を極め、貴族たちは華やかな生活を送っていました。そのため、ドレスや靴、刺繍など職人の技術を要する産業が発達し、様々な店が軒を連ねるヨーロッパ最大の商都としても発展していくことになります。第一次世界大戦が終了し、ヨーロッパに大きな爪痕を残すと、帝国は滅亡し、都ウィーンも衰退の一途をたどります。その後も第二次世界大戦など大きな戦争の中で、ウィーンの靴店も多くは廃業し、現在ではルーディック・ライターを含め、数軒が残るのみとなっております。ルーディック・ライター社は大戦後、職人の手仕事とグッドイヤーウエルテッド製法による機械化を共存させ、オーストリア随一のシューメーカーとして、国内の直営店以外にドイツやノルウェー、イギリスなどに出店するなど高い実力を誇っています。

そんな歴史あるシューメーカーから130周年の記念モデルとして、発売されたのがこちらです。

文頭のモノクロ写真(1880年代後半の写真)にも写っている内羽根の編上げブーツをブランド最古の木型で表現したものです。ラウンドトウは優しい丸みを帯びた形状で、捨て寸も短いこともあり、昔の英国のスタイルにも近い表情を醸し出しています。東欧独特のブタペストラストな雰囲気は無く、クセの無い木型のため履きやすい靴に仕上がっています。

ソールはレザーソールですが、靴の前半部分はダブルソールとなっており、土踏まずにかけてシングルソールになる「通称 スペードソール」仕様となっております。クッション性が高まるだけでなく、靴に抑揚がつき、エレガントなスタイルとなっています。



カジュアルなスタイルにもきっちりと似合うので、万能な靴とも言えますね。


【サイズについて】今回の商品 Ludwig Reiter stresemann   8.5着用

当店スタッフ 比較的幅広 甲高

Alden モディファイドラスト 9D

Aledn アバディーンラスト  9.5D

Enzo Bonafe 3773 キャップトウ 8.5

F.LLI Giacometti FG123 ローファー 43

MARMOLADA  FG105 クライミングブーツ 43

Edward Green #202    8.5E

となります。


オンラインショップでも取り扱っております。

興味のある方は⇒コチラ


靴屋店主のひとり言

メンズ、レディスを問わずたくさんの靴の情報を勝手気ままに紹介していきます。特にテーマなども設けず、日々靴・ファッションなどについて思うままに書いていくつもりです。商売とは関係の無いところでひとりの靴好きとして発信していこうと思います。靴を長く愛用する方へ向けて様々な情報を発信するページです。気軽にご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000